特殊清掃業者をお探しなら実績豊富な私たちにお任せください

特殊清掃業者

身内に孤独死があり、その部屋の消臭や片付けをお願いできる特殊清掃業者をお探しですよね。

しかし、下記のようなことが気になって、特殊清掃業者選びで悩まれていますよね。

  • しっかりと消臭してもらえる?
  • 見積もりは本当に無料なのか?
  • 法外な高額被害に遭わないか?

もしも関東圏内で特殊清掃業者をお探しなら、このページを読まれることで、まずは私たちラストクリーニングにお問い合わせすべき理由を知ることができます。

目次

私たちは東京都対応の特殊清掃業者

事件現場特殊清掃士・遺品整理士と同様の消臭ノウハウ・実績豊富な作業員がどんな現場でも駆けつけます。ゴミ屋敷清掃にも対応可能

当サイトは、東京を中心に関東で、孤独死現場や自殺があった部屋の消臭作業や汚物除去などをする特殊清掃の専門業者です。

特殊清掃作業5年以上の経験豊富な作業スタッフが、室内に充満している死臭の完全消臭を目指して特殊清掃サービスを提供します。

会社概要
サイト名 特殊清掃ラストクリニーング
お問い合わせ 0120-958-540
受付時間 9時〜18時
年中無休 365日対応 即日対応
料金相場 【洗浄除去】 27,500~220,000円
【害虫駆除】 16,500~55,000円
【消臭除菌】 16,500~275,000円
・承諾がない追加料金はなし
上限料金は最大550,000円まで
【オゾン脱臭】165,000円/日
対応エリア 東京都埼玉県神奈川県千葉県茨城県栃木県群馬県

特殊清掃とは?

ハウスクリーニングではない

特殊清掃とは、実は死臭や悪臭の完全消臭を目的とする片付け清掃サービスのことなのです。

その作業内容は、次の動画でお分かりになるように、見た目をきれいにする一般のハウスクリーニングとは、全く異なります。

私たちが行った特殊清掃作業の動画

私たちラストクリーニングの作業員が、死臭消臭のため腐敗体液を除去している作業動画を公開しますね。

この動画をご覧になったら、ハウスクリーニングとの違いが、はっきりとお分かりになると思います。

また特殊清掃サービスの1つでもある「ゴミ屋敷清掃」の作業動画も載せていますので、参考にしてください。

当社が多くの人から選ばれる理由

当社は孤独死清掃だけでなくゴミ屋敷清掃(ゴミ屋敷片付け)にも精通、しかし火災現場には対応していません。

孤独死でお困りの人から「特殊清掃をラストクリーニングに依頼して良かった!」と感謝され、選ばれる理由6つを詳しくお伝えします。

① 上限金額がある料金設定

料金表

ほとんどの特殊清掃業者の料金表ページでは、最低価格の後に「〜」の記入があり、上限金額が不明瞭になっています。

これでは、実際に支払う料金目安さえも検討できないので、依頼先として訪問見積りをお願いできませんよね。

そこで、当サイトでは、なるべく依頼主様に安心していただけるよう、あえて高額な上限金額(55万円)を料金表で提示しています。

高額な料金表でお問い合わせ数は少なくなりますが、私たちは、正直な料金相場をお伝えすることが依頼主様のためになると信じています。

② どんな場合でも100%見積もり無料

100%見積もり無料

「見積もり無料」としながら、特殊清掃サービスを依頼しないと、出張費などの費用を請求する悪徳業者が一部いるようです。

特に、業界最安値を売りにしている特殊清掃業者に、その傾向が強い印象です。

その点、激安業者でない私たちラストクリニーングでは、下記3つのお約束をいつでもお守りします。

  1. 見積もりは当日キャンセルでも費用は不要
  2. 特殊清掃の作業開始前ならキャンセル可能
  3. 追加請求はお客様が了承しない限り行わない

要するに、依頼主様が見積もり金額に納得されてから、特殊清掃や遺品整理などの作業を開始しない限り、100%お支払いは発生しません。

追加作業が発生した際も依頼主様の了承なしで、突然の追加請求は一切ありませんので、安心安全です。

③ 高度な薬剤知識と消臭技術を持つ

薬剤知識と消臭技術

多くの特殊清掃経験から、死臭を消す薬剤と孤独死現場ごとで異なる消臭作業の手順やノウハウには、絶対の自信があります。

特殊清掃の目的は、汚れた部屋をどれだけキレイにするかではなく、腐敗臭をできる限り完全消臭まで近づけることです。

その自信の証拠として、特殊清掃の再施工依頼は数回ありましたが、消臭に納得できないというクレームは、ゼロ件を更新中です。

④ 特殊清掃の作業実績は3千件以上

特殊清掃の作業実績

私たちラストクリーニングが、創業からお客様に寄り添った特殊清掃作業を行ってきた現場は、3千件を超えています。

各々の孤独死現場ごと真摯に立ち合い、ご遺族様や大家さんの気持ちに応えながら特殊清掃サービスを提供してきました。

その結果として、他社には決してできない高度な消臭作業のノウハウと経験豊富な特殊清掃士が増えて、私たちが多くの人から選ばれる理由になっています。

⑤ 訪問見積もり時の感染症対策

見積もり時の感染症対策

弊社在籍の特殊清掃士は、直接お客様と顔を合わせる訪問見積もり前に、下記のコロナ対策を徹底的に行っています。

  • マスク着用
  • 手指の消毒
  • 毎回の検温

こういった事前の感染症対策や気配りが高い評価を得て、お客様から選ばれている要因になっているようです。

⑥ ゴミ屋敷清掃にも対応可能

特殊清掃が必要になる部屋って、疎遠や孤立化から、足の踏み場もないゴミ屋敷になっているケースが多々あります。

また寂しい気持ちを抑えるため、たくさんの犬や猫を飼い、糞尿の臭いがひどいペット屋敷になっているケースもあります。

そのため、弊社ではゴミ屋敷清掃やペット屋敷の片付け作業、残置物の引き取りなどの経験豊富な作業員も多数在籍しています。

他エリアの特殊清掃業者一覧

火災現場の片付けにも対応可能な特殊清掃業者情報もあり

全国から特殊清掃の依頼が多いと思われる地域に限定して、おすすめの特殊清掃業者をまとめてみました。

埼玉県対応の特殊清掃業者

埼玉県の業者選び時に参考にしてください

私たちラストクリーニングも埼玉県に対応していますが、他社様でも評判や口コミが良い特殊清掃業者はいらっしゃいます。

もしも当社との作業日程などが合わず、他社様に特殊清掃の見積もりや依頼される際は、「埼玉県の特殊清掃業者一覧」を参考にしてください。

神奈川県対応の特殊清掃業者

神奈川県の業者選び時に参考にしてください

私たちは、埼玉県と同様に神奈川県にも対応していますが、他社様でも評判や口コミが良い特殊清掃業者はいらっしゃいます。

もしも当社との作業日程などが合わず、他社様に特殊清掃の見積もりや依頼される際は、「神奈川県の特殊清掃業者一覧」を参考にしてください。

千葉県対応の特殊清掃業者

千葉県の業者選び時に参考にしてください

言うまでもなく私たちは千葉県にも対応していますが、他社様でも評判や口コミが良い特殊清掃業者はいらっしゃいます。

もしも当社との作業日程などが合わず、他社様に特殊清掃の見積もりや依頼される際は、「千葉県の特殊清掃業者一覧」を参考にしてください。

大阪府対応の特殊清掃業者

大阪府の業者選び時に参考にしてください

大阪の知り合いから良いウワサを聞いたことがある業者を「大阪府の特殊清掃業者について」で、詳しく紹介しています。

因みに、私たちラストクリーニングは東京都にある特殊清掃業者ですので、大阪府には対応していません。

福岡県対応の特殊清掃業者

福岡県の業者選び時に参考にしてください

福岡の関係者から良い口コミを耳にしたと聞いた業者を「福岡県の特殊清掃業者について」で、詳しく紹介しています。

大阪府と同様に、私たちラストクリーニングは東京都にある特殊清掃業者ですので、福岡県にも対応していません。

特殊清掃業者が行っている作業内容

特殊清掃ラストクリーニングでは、故人への供養のためにも腐敗臭をしっかりと消臭できる下記の段階9つを通して特殊清掃作業をしています。

① 害虫の駆除

まずは害虫駆除から作業開始

初めて行う作業内容は、遺体の痕跡箇所にいる害虫の駆除作業です。

その理由は、害虫を放置したまま消臭作業をすると、害虫が逃げ出し、腐敗した体液を部屋全体や近隣へ拡散させるからです。

② 腐敗臭の元である汚染物の撤去

悪臭がする遺品を搬出して片付け

次に行う作業は、腐敗した体液が付着している死臭元の撤去です。

腐敗した体液や血液は、布団にはもちろんですが、畳やフローリングなどの床にもついています。

そのため、すぐに汚染物を撤去しておかないと、作業員スタッフの靴底に腐敗した体液が付着します。

その靴で室内を歩き回ると、消臭処理がより困難になって、完全消臭に向けた特殊清掃作業がしにくくなります。

③ 腐敗した体液の徹底的な洗浄除去

体液の除去に必要な洗浄をきちんとする

腐敗した体液がフローリング床につくなどで、異臭元の撤去や片付けができない場合は、専用道具で洗浄しながら完全除去に挑みます。

無論、フローリング溝や敷居との間に染みこんだ腐敗体液も洗浄除去します。

④ 特殊清掃専用の消臭剤を噴霧

消臭除菌剤をしっかりとスプレー

特殊清掃向けに販売されている死臭専用の消臭剤を噴霧します。

市販されている一般家庭用の消臭剤と比べて、その効果は非常に優れています。

私たちは、この特殊清掃専用の消臭剤にさらに独自の薬品を追加しています。

⑤ 腐敗臭の消臭を確認

作業員スタッフが異臭の有無をできる限り確認

腐敗した体液が付着していた床や壁などに、数センチまで鼻を近づけて、腐敗臭が消臭されたかどうかを確認します。

もしも腐敗臭が残っているなら、可能な限り、腐敗した体液の洗浄除去と消臭剤の噴霧を繰り返します。

⑥ 遺品整理した後に搬出

悪臭がする家財は買取不可能なので処分

ここまでの作業で、ほとんどの腐敗臭は消臭されますが、残された異臭は部屋にある遺品に染みついています。

そのため、遺品を仕分けしながら、同時に貴重品、思い出の品の捜索や形見分けなどをした後、不用品回収して処分します。

⑦ ホコリ取りなどの簡易清掃

簡単なハウスクリーニング程度の掃除

例えば、照明器具や長押上、押入れ内のホコリにも死臭は付いているので、キレイにします。

この清掃作業をしっかりとしていないと、原因不明の腐敗臭が残ってしまいます。

⑧ 部屋全体に特殊な薬剤を散布

幅広くスプレーするのがポイント

床や壁はもちろんですが、状況に応じて、天井や窓ガラスにも特殊清掃専用の除菌剤を散布します。

この際の散布方法は、なるべく部屋全体に万遍なくスプレーすることが重要です。

その理由は、大量の薬剤液を散布し過ぎると、消臭効果が悪化する場合があるからです。

⑨ 最後に完全消臭の確認

作業員/担当スタッフが臭気を判断

部屋全体が、完全消臭されたかどうかの確認をします。

壁や床、窓ガラス、押入れ、ドア下など、どんな箇所にでも鼻を近づけて、完全消臭の確認をします。

もちろん最後にはもう一度、腐敗した体液がついていた箇所も入念に消臭確認をします。

完全消臭とは
生活臭を除く遺体から発生した腐敗臭(死臭)を完全に消すこと。
【注意】室内の臭いはゼロにならない。

失敗しない特殊清掃業者の選び方

高額被害に遭わないために、特殊清掃の優良業者が、簡単に見つかる方法を手順5つに分けて徹底解説します。

① 料金表に上限金額がある業者に限る

まずは「特殊清掃業者」と検索して、あなたが好イメージを持った業者をいくつかピックアップしましょう。

その選び方は、特に、料金表に上限金額が表示してある業者の中から見つけると良いでしょう。

この手順段階で、すでに優良業者の可能性は高いと思われますが、まだ悪徳業者が含まれてるケースもあるので、次の手順へ進みます。

② 問合わせ電話で見積もり依頼先を決める

ホームページで、どんなに優良業者と感じても、実際に電話してみたら、思っていたイメージと異なることが意外にあります。

お問い合わせ時に違和感を覚えたり、すぐ電話口に出ない場合は、業者選定から除きましょう。

また相見積もりの際は、依頼先を3社以内に絞ることも重要です。

その理由は、4社以上の相見積もりは、1日以上時間が掛かる可能性があって、それが精神的な負担になり、平常心で業者選定ができなくなるからです。

③ 相見積もり時に言葉使いや雰囲気をみる

消臭方法や作業日数、近隣への配慮などを質問しながら、現場で立ち会う担当者の言葉使いや様子をよくみましょう。

何も消臭作業が、正解か否かを確認する必要はなく、しっかりと基本的な説明ができるかが重要なのです。

相見積もり時に、担当者が曖昧なことを言っていると感じたら死臭消臭の期待はできないでしょう。

優良業者の担当者は、身内の死という精神的にお困りな依頼者様に対して、さらに不安を与えることはしません。

しかし、あまりにもスラスラと説明された場合は、話術が上手な悪徳業者の可能性もあります。

要するに、担当者が親身になって消臭作業の手順や方法を説明しているか否かで判断するとよいでしょう。

④ 正式な見積もり金額などを確認

見積もり金額が、料金相場外(6.05万円〜55万円)の業者は除きましょう。

相場以上に高い業者はもちろんですが、相場以下の安い業者も除れることをおすすめします。

なぜならば、料金が安い理由で依頼すると、多くの場合、きちんと腐敗臭が完全消臭されないからです。

死臭が完全消臭されていないと、大家さんや不動産管理会社からクレームが入って、下記のトラブルに巻き込まれます。

  • 高額な解体費とリフォーム代の支払い
  • 他社への再依頼で費用が約2倍になる

⑤ イメージ1位or金額2位を選択

最後は、あなたの好イメージ度に従って、依頼する特殊清掃業者を決めます。

自分を信じて決めるのが、最も優良業者に当たる可能性が高いでしょう。

しかし、自分では決められない場合は、3社の中で2番目に安価な業者にすれば、悪徳業者の可能性が一番低くくなると思います。

特殊清掃は絶対に専門業者に頼むべき
近年ではリフォーム会社や不用品回収業者、片付け屋までも特殊清掃サービスを提供しています。
しかし、下記理由から必ず特殊清掃の専門業者に頼むことを強くおすすめします。

  • 特殊清掃専用の消臭剤を使用するから
  • 消臭作業や孤独死現場の経験豊富だから
  • 最終的に料金負担が軽減されるから

特殊清掃の専門業者に依頼すべき理由の詳細は「ウジ虫駆除も行う特殊清掃について」でお伝えしています。

特殊清掃サービスの料金相場

私たちの特殊清掃作業料金は明朗会計です

汚物除去 27,500円〜220,000円
害虫駆除 16,500円〜55,000円
消臭除菌 16,500円〜275,000円
最大合計額 60,500円〜550,000円
  • 遺体発見までの期間や亡くなった箇所、遺体の腐敗状態により金額に大きな差があります
  • 解体費用と原状回復のリフォーム費用は含まず
  • 家具や家電、生活用品などの遺品整理料金は含まず
  • 引越し退去時程度の簡易清掃は含む
  • オゾン脱臭の費用含まず、詳細は下記料金内訳でご確認ください

安いと勘違いさせる最低価格だけでなく、特殊清掃業界では珍しい上限金額がある弊社の料金相場表になります。

特殊清掃料金の内訳

汚物除去/汚染物の撤去
作業内容 故人が使用していた腐敗物(汚染物)の撤去と運び出し作業、腐敗した体液等の汚物除去
料金相場 27,500円~220,000円
害虫駆除
作業内容 孤独死で発生したハエやウジ、ゴキブリなど害虫の殺虫と回収
料金相場 16,500円~55,000円
腐敗臭の消臭除菌
作業内容 完全消臭に向けた汚損箇所から発生した細菌の殺菌、部屋全体の除菌作業
料金相場 16,500円~275,000円
【オプション】オゾン脱臭
オゾン脱臭機の使用条件 特殊清掃作業の完了後に、原因不明の臭いがあり、依頼者様からオゾン脱臭を依頼された場合のみ
料金相場 165,000円/日

特殊清掃だけで悪臭は消臭できない

死臭の完全消臭には遺品整理も必須

遺体の腐敗状態によりますが、通常 遺体があった箇所だけ汚物除去や消臭除菌しても、強烈な悪臭が消えることはありません。

その理由は、室内の残置物である遺品にも臭いや細菌が強く染みついているからです。

特殊清掃だけでも、ほとんどの腐敗臭・死臭は消臭されますが、完全には消えません。

残された臭いイメージは、室内にいると何となく感じるが、外からは臭いが感じられないレベルになります。

完全消臭でないと納得できない人は、同時に孤独死があった部屋の遺品整理もおすすめします。

間取りごとの遺品整理の料金相場

ワンルーム 33,000円〜165,000円
1DK 33,000円〜198,000円
1LDK/2DK 55,000円〜412,000円
2LDK/3DK 99,000円〜693,000円
3LDK/4DK 131,000円〜1,122,000円
4LDK/5DK 165,000円〜1,320,000円

上記金額はあくまでも相場です。下記の状況や要望によって上記範囲を超えることもあります。

  • ひと部屋あたりの広さ
  • 整理と処分回収する遺品の量
  • 「思い出の品と形見」の捜索程度
  • 希望される作業完了日までの日数
  • ゴミ屋敷など大量に荷物や家財がある場合
  • トラックまで距離があり遺品の運び出しに手間が掛かる場合

また仏壇等やペット屋敷(糞尿の処分)などのケースでは、追加料金が発生します。

逆にリサイクル買取できる家財や家電があれば、上記金額より安くなります。

その他、私たちラストクリニーングの依頼者様がお支払いされた料金の実例は「特殊清掃の料金について」で、確認できます。

特殊清掃員の給料は高くない?

特殊清掃士の給料相場

多くの人は、孤独死が起きた部屋で消臭作業や片付けをする仕事なので「特殊清掃員の給料は高い」と思われているのでは?

しかし、その実態は決して高くなく、正社員の平均給料は、20万円〜35万円ぐらいでは言われています。

因みに、スポット出勤のバイトなら日給15,000円〜25,000円、時給に換算すると1,250円〜2,083円と高めですが…。

資格取得で給料アップ?

例えば事件現場特殊清掃士と脱臭マイスター、遺品整理士を取得済みでも給料アップしないかも

また特殊清掃員の給料を検索すると、下記の資格があれば手当がついて、給料が増えるみたいなページもありますが、マユツバ情報と思っていいでしょう。

資格名 主催者
事件現場特殊清掃士 事件現場特殊清掃センター
遺品整理士 遺品整理士認定協会
脱臭マイスター 日本除菌脱臭サービス協会

特殊清掃員の給料が高くない理由や資格があっても大幅なアップがない実情を「特殊清掃の給料について」で、詳しく解説しています。

特殊清掃の求人情報について

特殊清掃の求人情報

一般の人は、求人サイトで募集情報を探されると思いますが、長年特殊清掃業を営んできた私の経験から、下記ポイントに注目することをおすすめします。

  • 孤独死現場以外の清掃求人が多い
  • 実際には求人募集されていない?
  • 正しい特殊清掃の求人情報の探し方

上記ポイントの詳しい解説は「特殊清掃の求人について」をご覧いただければ確認できます。

ページ先頭へ