死体にウジ虫が湧く理由?実際に現場で見た特殊清掃員の告白

特殊清掃の知識

特殊清掃 ウジ虫
死体にウジ虫が湧く理由?実際に現場で見た特殊清掃員の告白
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「死体にウジ虫が湧く」という話を聞いた事はあるけど、一体どのようにして湧くのだろうか?と思われていますよね。

しかし、特殊清掃員として2008年から数多くの孤独死現場を見てきた私の実感では、実際には、死体に自然発生的にウジ虫が湧くという事はないと思っています。

このページでは、死体からウジ虫が湧いていないと証明した実験と死体から湧いているように見えるウジ虫が成長する過程について説明します。

孤独死現場で遭遇したウジ虫体験談

ウジ虫が死体の中から自然発生的に湧いていない理由を説明する前に、冒頭に特殊清掃員である私が孤独死現場でウジ虫と遭遇した体験談3つをご覧ください。

【ウジ虫体験談①】カーペットの下にウジ虫らしき害虫が…

死骸と生きているウジ虫が多数

遺族からの依頼で、半ばゴミ屋敷と化していた部屋の特殊清掃を行っていました。

ちょうど夏場だったため、防護服で汗だくだくになりながら、遺体をあった周辺に散乱している腐敗体液が付着した汚物の片付けや撤去をしました。

そして、フローリング床に染み付く腐敗体液を除去して、その他家財道具なども搬出回収して、ようやく死臭がかなりなくなってきました。

やがてゴミ屋敷の特殊清掃も終盤になり、遺体があった部屋の片隅に敷かれていたカーペットを撤去回収しました。

すると、遺体があった箇所から3メートル以上も離れているにも関わらず、こんなに大量のウジ虫や害虫がカーペット下に潜んでいました。

想定外の箇所で、かつ結構大きめなウジ虫だったので、一瞬血圧が上がりましたが、殺虫剤を噴霧して、可燃物として丁寧に袋詰めして回収しました。

【ウジ虫体験談②】布団をめくると得体の知れない虫が大量にいた

得体の知れない幼虫の死骸もあった

一人暮らしの老人男性が亡くなったとの事で、アパートの大家さんから特殊清掃の依頼がありました。

窓が閉め切る部屋に入ってみると、カーペットの上に敷かれた布団で亡くなられていた痕跡がありました。

特殊清掃の大原則は、死臭の原因である染み付く腐敗体液から取り除く事です。というわけで、まずは布団の片付け回収から作業を始めました。

早速、掛け布団と枕を回収し、敷き布団をめくると、上記写真の害虫が視界に飛び込んできて、思わずギョッとしてしまいました。

このような幼虫は明るさが苦手で、放っておくと、暗さを求めて動き周り、物陰に隠れてしまうので、すぐにほうきや掃除機で回収して、逃げ出さないように袋詰めします。

【ウジ虫体験談③】部屋を片付けていたらウジ虫がニョキニョキと…

亡くなった人の娘さんから電話があり、母親が孤独死してしまったので、その部屋の片付けと遺品の処分をして欲しいとの事でした。

早速現場を訪れた印象は、夏場でしたが、珍しく遺体の腐敗があまり進んでいない様子の部屋でした。

しかし、故人がセルフネグレクト気味だったためか、遺体があった箇所付近にも家財が少し残置されていたプチゴミ屋敷だったので、特殊清掃の前に、部屋を片付ける必要がありました。

そして、遺品処分するため仕分け作業をしていると、ハエの幼虫が畳にニョキニョキと姿を現してきましたので、隣室に逃げ出さないよう殺虫剤を散布して、すぐにホウキで掻き集めて袋詰めしました。

死体の体内からウジ虫が湧いているわけはない

巷では、よく「ウジ虫が湧く」といわれていますが、決して自発的にウジ虫が死体の内部から発生するわけではありません。

死体に産み付けられた小さな卵から孵化したウジ虫がグネグネと動き回って死体を貪り、段々と大きく成長しているだけなのです。

その卵がなければ、ウジ虫(ハエの幼虫)も発生する事はありませんが、現実はどうであれ、その様子を描写するには「ウジ虫が湧く」という表現が、ピッタリだと個人的には思います。

一方、昔の人たちは、死体の中でウジ虫がグネグネと動き回る様子をみて、本当にウジ虫が自然に湧いてきたと思われていたようです。

当時は、この自然発生説が優勢だったようですが、しかし1668年にフランチェスコ・レディの実験により、その自然発生説が覆されました

フランチェスコ・レディの実験

その実験でレディは、6つのびんを用意し、それを3つずつ2グループに分けた。それぞれのグループの1つめのびんには未知の物体を入れ、2つめには魚の死骸、3つめには生の子牛肉の塊を入れた。

そして一方のグループはびんの口に目の細かいガーゼをつけて空気しか出入りしないようにし、もう一方には何もつけないでそのままにしておいた。

数日後、びんの口に何もつけなかった方はハエが自由に出入りできたため蛆がわき、ガーゼで覆った方には蛆はわかなかった。

次に彼は、蛆を捕らえてそれが変態するのを待つ実験を行った。蛆はハエになった。さらに死んだ蛆やハエを動物の死体や生肉と一緒にガーゼをかけたびんに入れておいたが、蛆はわかなかった。

このように「ウジ虫が湧く」という表現をしても、実際に死体の体内から自然的にウジ虫が湧いているわけはないという事は知っておきましょう。

死体でウジ虫が成長繁殖する過程

ということで、この項目では、死体にウジ虫が自然に湧くのではなく、死体でハエの幼虫が成長繁殖する過程を解説します。

次項目の動画で詳しく視聴できますが、成長繁殖する様子は、まさしく湧いてくるようにも見えるかもしれませんね。

死体が腐敗する

豚や牛などの生肉を常温で放置していると、腐ってしまいますよね。それと同様に人間の遺体も発見が遅れると腐ってしまいます。

その理由は、体内に潜んでいる雑菌やサルモネラ菌感染症などの病原菌です。

生きている間は、免疫作用が働き、それらが異常に増殖することがありませんが、死後は、免疫力がゼロになるので、特に気温と湿度が高いと、一気に菌が増殖汚染して腐敗が進みます。

死臭が発生する


遺体発見に時間が掛かり腐敗すると、当然腐った匂いが発生します。遺体からの腐敗臭/悪臭は、死臭とも言われています。

その死臭の成分は、ハエが好む揮発性脂肪酸や窒素化合物、硫黄化合物なのです。

これらは、私たち人間にとっては強烈な臭気ですが、ハエによっては、好物の香りになるのでしょう。

ハエの成虫が遺体に集まる

ハエの成虫が死体に群がると同時にゴキブリも死肉を狙って集まります。

そのひどい悪臭に引き寄せられて、飛び回るハエの成虫が、遺体の周囲に集まります。

一般住宅では、一見ハエの成虫がいないように思われていますが、わずかな隙間はあれば、いくらでもハエは侵入してきます。

なので、孤独死した遺体には、ほとんどのケースで、ハエやコバエ、ゴキブリ、ネズミなどが集まっています。

ハエの成虫が死体に卵を産み付ける

ハエの成虫が卵を産みつける

メスのハエは死体を貪っている最中に、産卵し卵を死体に産み付けます。

エサの近くに産卵する事で、より多くの子孫を残せる事を本能的に知っているかのように、異常に多くの卵を産みつけます。

1回に50~150個の卵を産み、一生に500個の卵を産み付けるといわれています。

卵が孵化してウジ虫になる

産卵から半日〜1日のスピードで孵化し、幼虫になるまでの期間は、約1週間です。

その1週間の間に、サナギになるために必要な栄養を死体から摂取します。

ウジ虫がエサとなる死体に群がり食べる

無数のウジ虫が群がりながら、死体を損傷させながら奥深くまで食い散らかします。その様子は、まるで死体の中からウジ虫が湧いているように見えます。

やがて幼虫がサナギになり、成虫であるハエに成長します

サナギから成虫のハエになる

ハエの幼虫であるウジ虫は、サナギに変身するため、乾燥した場所に移動し4日~5日を過ごし、ハエへと成長し、次のエサ場へ飛び立っていきます。

  1. ウジ虫(幼虫)
  2. サナギ
  3. ハエ(成虫)

上記4段階の繁殖期間は、約2週間です。

死体ウジ虫の動画リンク集

下記のリンク先動画は、直視に耐えられないグロテスクな内容になっていますので、視聴になられる人は、覚悟を決めてご覧ください。

これら動画を視聴されて、気分を悪くされたり、PSTDの症状が出る事も考えられますので、必ず自己責任で視聴してください。

【衝撃映像注意!!】ウジ虫による死体処理が驚異的な件について

庭に魚を設置したらウジ虫が湧きました

ウジ虫誕生の瞬間【グロ注意】

孤独死の清掃は特殊清掃業者に依頼すべき理由

ウジ虫が発生した孤独死部屋の清掃で重要な点は、ウジ虫やハエ、ゴキブリ、ネズミの駆除はもちろんですが、実は目に見えない「死臭の消臭」がより重要なのです。

なぜならば、室内のウジ虫よりも室外に漏れる死臭被害の方が、近隣住民や近所に掛ける悪影響が広範囲かつ不快感が半端なく強烈だからです。

そこで、一般の人やハウスクリーニング業者が行う清掃と比較しながら、特殊清掃業者に依頼すべき3つの理由を解説します。

【理由①】孤独死専用の消臭剤を使用

一般の人は、簡単な拭き掃除を行なったあとに、ファブリーズなどの家庭用芳香剤をまいて、付着した臭気をごまかして脱臭するケースが多いようですね。

またハウスクリーニング業者の脱臭方法といえば、マニュアルに沿った清掃作業を行った後に、業務用脱臭剤または脱臭アルコールを噴霧します。

孤独死専用の薬剤を使用

一方、特殊清掃業者では専用の工具などを使用して、まずは死臭の元である付着した腐敗体液をほぼ100%除去してから、孤独死専用の強力な消臭剤や消毒剤を使用して死臭を消臭します。

もちろん、その消臭効果の差は、上記の業務用やアルコールとは段違いに異なります。さらに死臭がわずかでも残っていないかと、何度も鼻を該当箇所に近づけて確認し、臭いが除去できていなければ消臭消毒を繰り返します。

99%も死臭を消臭できる

その結果、特殊清掃業者に依頼すると、孤独死があった部屋とは思えないほど部屋は消臭/脱臭されます。

孤独死専用の消臭剤について、詳しく知りたい人は「特殊清掃の専門家が教える死臭の消臭方法とオススメの消臭剤」をご覧ください。

【理由②】死臭消臭の経験とノウハウがある

孤独死があった部屋に入られた経験がある人には理解して頂けると思いますが、その死臭は強烈で、一般の人は部屋に入る事さえできない場合がほとんどです。

ハウスクリーニング業者には死臭消臭のノウハウがない

またハウスクリーニング業者は、消臭目的ではなく見た目を綺麗にする清掃サービスをを普段提供しているので、死臭消臭の経験やノウハウは皆無と言っていいでしょう。

特殊清掃業者は死臭消臭のスペシャリスト

その点、特殊清掃業者はハウスクリーニング業者のように見た目を綺麗にする清掃サービスを提供しているわけではありません。あくまでも死臭消臭がメインです。

当然、特殊清掃業者は「どの箇所を」「どの消臭剤で」「どのように」すれば、キチンと死臭消臭できるかを熟知していますので、その効果に歴然の差があります。

真面目な特殊清掃業者が行っている死臭消臭作業は「特殊清掃の現場リポートと孤独死部屋の消臭に掛かる料金相場」で、詳しく説明しています。

【理由③】結果的に料金が安く済む

全てのオゾン脱臭が悪徳手口ではありませんが、追加費用は事前に確認しましょう。

仮に、孤独死清掃を一般の人やハウスクリーニング業者が行うと、必ずといっていいほど、後に特殊清掃業者への二重依頼や原状回復リフォームが必要になり、結構な金額の追加費用が掛かってしまいます。

特殊清掃業者だと追加費用がなく結局は安価で済む

その理由は、キチンと悪臭が消臭されていないからです。確かに特殊清掃業者に依頼すると、消臭清掃だけで数十万円程度の料金が掛かってしまいます。

因みに、オゾン脱臭機を使えば、追加で十万円程度掛かってしまいます。

しかし、ほぼ99%悪臭が消臭されるので、他の業者への支払いや別途解体や原状回復リフォーム費用が掛かる可能性がグンッと低くなるので、結果的には総額でみると安価になる傾向があります。

特殊清掃の料金相場って?
結果的に安価で済むと言及していますが、実際に支払う金額ってどれぐらい?って気になりますよね。そこで「特殊清掃の料金相場表」で、特殊清掃に掛かるリアリな料金相場表をお出ししています。

失敗しない特殊清掃業者の選び方


特殊清掃業界は、まだ発展途上のため、ハウスクリーニング業界のように成熟しておらず、次のような悪質な業者も多くいます。

  1. 死臭をしっかりと消臭できない
  2. 足元を見ての高額見積もり
  3. 解体/復旧リフォームの強要
  4. 近隣住民への無配慮
  5. 遺品の不法投棄と貴重品の搾取

実は、このような悪徳業者の手口やテクニックは、下記のようにある程度、パターンは判明しています。

  • 【手口①】料金表のカラクリ
  • 【手口②】架空の紹介サイト
  • 【手口③】激安業者に偽装、など

あなたに特殊清掃業者選びで失敗しないで欲しいために、これらを含めた悪質な手口やテクニックを「特殊清掃業界に潜む悪徳業者の手口」で詳しく解説しています。

ウジ虫の大量発生で特殊清掃をお考えの人様へ

弊社に、空き家物件、一軒家、物置、事件、火事/火災などの片付けも任せる事が可能。
最後に、孤独死があった部屋の清掃や遺品整理などで困っている皆様から、恐れ多くも「ウジ虫駆除と死臭消臭なら特殊清掃専門業者のラストクリニーング!」と選ばれている弊社の強み4つを紹介させて頂きます。

【強み①】支払い料金に上限金額を設定

ほとんどの特殊清掃業者の料金表ページでは、最低金額の後に「〜」が書かれていて、上限金額が不明になっています。

これでは、料金の目安さえも分からないので、とても見積もりを頼むことはできませんよね。

そこで、私たちは、お客様に安心して頂けるように、敢えて高額な上限金額を料金表に提示しています。

高額な金額の提示で、お客様が遠のいてしまう事は承知していますが、それでも正直に料金目安をお伝えする事が、ご遺族様のお悔やみの一助になると信じています。

【強み②】特殊清掃の実績は3,000件以上

2022年11月時点で、私たちラストクリーニングが創業からの真心を込めて特殊清掃を行ってきた現場数は3,000件を越えています。

およそ2日に1回、遺体があった部屋などを消臭清掃してきた計算になりますが、各現場ごとに真摯に対応して、遺族様や大家さんのために、日々汗をかきながら特殊清掃を行ってきました。

その賜物として、他社には絶対に真似できない高度な消臭消毒ノウハウと現場経験を蓄積でき、それが当社ならではの強みになっています。

【強み③】薬品知識と消臭技術には長けている

14年以上の特殊清掃の現場経験から、人が亡くなった後に発生する腐敗臭の消臭薬品と現場ごとで状況が異なる消臭作業の手順やノウハウには、絶対の自信があります。

特殊清掃の目的は、部屋の見た目をキレイにするハウスクリーニングではなく、腐敗臭をいかにゼロ近くまでにする消臭効果です。

その証拠に、特殊清掃の再施工依頼は何度かありましたが、異臭消臭に満足できないからと、当社の返金保証を利用されたお客様は、0件を更新中です。

【強み④】作業開始前なら100%無料

「現地見積もりは無料」としながら、現地に伺い、特殊清掃を依頼しないと、交通費や車両費、人件費などを請求する悪徳業者が一部にいるようです。

特に、安さを売りにしている特殊清掃業者にその傾向が強いという印象があります。

その点、激安業者でない私たちラストクリニーングでは、下記3つをお約束いたします。

  1. 見積りは当日キャンセルでも一切費用は不要
  2. 特殊清掃の開始前ならいつでもキャンセル可能
  3. 追加請求はお客様が承諾されない限り行わない

つまり、見積り金額に納得されたうえで、特殊清掃や遺品整理の作業を開始しない限り、お客様には全くお支払いが発生しないというわけです。

無論、追加作業が発生した際もお客様の承諾なしに、料金の追加請求は100%ありませんので安心してください。

ラストクリニーングの対応エリア
東京埼玉神奈川千葉茨城栃木群馬

【まとめ】ウジ虫は自然に湧かない

今日は、死体でウジ虫が成長する過程と、死体からウジ虫が湧いていないと証明した実験についてお伝えしましたが、頭の中のモヤモヤは解消されたでしょうか。

もしも孤独死などで部屋にウジ虫が大量発生して特殊清掃をお考えの人は、一度特殊清掃専門業者である私たちラストクリーニングに相談されてみてください。

持てる悪臭/異臭消臭の薬品知識と消臭作業の現場経験を発揮して、最大限にお力になる事をお約束いたします。

4.3 8 いいね
Article Rating
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

あなたが抱えている「特殊清掃問題」は
私たちが必ず解決いたします!

 

  • 自分で部屋を清掃したいが心情的にとてもできない
  • 死臭が部屋から漏れ出して近所から苦情がきている
  • 一人で亡くなった事を思うと後悔の念で何もできない
  • 遠方だから自分たちで部屋を清掃できない
  • 身内として、その遺体現場の衝撃に耐えられない
  • 大家からすぐに部屋を片付けるよう迫られている

上記のどれか1つでも当てはまる人は私たちまでご連絡ください。あなたに代わって「特殊清掃問題」を解決いたします!しかしその料金金額が気になりますよね。

そんなときは、まずは無料現地見積りをお申込みください。見積り当日中に正確な特殊清掃料金の総額を知ることができます。

特殊清掃100%無料現地見積り受付中!

4.3 8 いいね
Article Rating

>> 無料見積りはこちら <<

越尾酉太

2008年から今日まで、特殊清掃と遺品整理でお困りの方から1つでも多くの「助かった!」を集める為に、ネットを通してリアルな情報の発信と日々の現場作業に取り組んでいます。

Subscribe
Notify of
guest

0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x